スタッフ

汚れ!外壁塗装の色の選び方part2(目立ちやすい色)

こんにちは。
IC惣島です(*^^*)
続いて外壁塗装の色の選び方
part2
(汚れが目立ちやすい色)
1・目立ちやすい色=ホワイト
「お住まいを真っ白に塗り替えたい」という方は多いのです。
青い空に青い海、その中に佇む真っ白な外壁の建物… 最高のロケーションですよね。
ピュアなホワイトで塗り替えたくなる気持ちは理解できるのですが、
街の建築塗装のマツフジ塗装として後々のことを考えますと、やはりお勧めはできません。
どうしてもいう方は白みがやや弱くなったオフホワイト、
絶対にピュアホワイトという方はセルフクリーニング機能を持った防汚(低汚染)塗料で、
なおかつ超高耐候のフッ素や無機成分の多いハイブリッドのものを使用することをお奨めします。

さらに綺麗を長続きさせるコーティング材を上塗りすればそれなりに汚れに対して強くなります。
2・目立ちやすい色=黒
黒も目立ちやすい色なんです。
建物のデザインよってはピアノブラックやフルブラックなどは重厚な感じが増し、
スタイリッシュではあるのですが、それは建物が汚れていないことが前提です。
例えばピアノブラックのグランドピアノが手垢や埃で汚れていたら、どうでしょうか。
高級感があるものだけに台無し感と残念感がMAXになりますよね。
黒は中間色と較べるとコントラスト比が大きいため、それだけ汚れも目立ちます。
ご参考までに・・・(*^^*)
お色のご相談いつでもお問合せください☆。
お待ちいたしております。