スタッフ

外壁にチョーキング現象は起きていませんか??

こんにちは企画部の松藤です(^o^)/

今回はチョーキング現象について少し書きたいと思います。

まずチョーキング現象とは、外壁の塗装面に起こる劣化現象の1つで、壁を手で触ると白い粉状が付く現象の事です。

白亜化とも言います。シーリングに使われるゴム類にも起こり、その場合は硬化が起きて気密性や密封性が保てなくなった状態のことを言います。

しっかりと高圧洗浄で粉を洗い落とし表面の汚れや粉を綺麗にした後に塗装します。しっかりと洗浄しないと早期剥がれの原因になるので注意が必要となっていきます!!

自分でできるチョーキングの確認方法!

実際に手で触って白い粉が付くかを確認する。

実際に手で外壁を触ったときに白い粉が付けばチョーキング現象が起こっていますよ!

その場合、うっすらと白くなる程度ならすぐに塗装する必要な問題ありませんが、真っ白になるような場合は早めの塗装が必要となります。

水をかけて変色するか確かめる!

外壁に水をかけて変色するようならチョーキング現象が起こっています。雨の日に変色するような場合も同じです。

こんな症状は出ていませんか??

出ている場合はすぐにご相談下さい!!

雨漏りなどの原因を引き起こす可能性が出てきてしまいます(._.)

そしてチョーキングにも原因がもちろんあります。

チョーキングの原因!

チョーキングの原因には以下の通りです。通常は10年前後で起こりますが、施工不良の場合は1~3年で起こります。

・長年屋外にあり、紫外線の影響で塗装面の中にある樹脂が分解した場合。

・立地条件や使用条件に合わない塗料で塗った場合に起こる施工不良。

・塗料をしっかりと混ぜないで塗装した場合に起こる施工不良。

こういったみたいに劣化を早めてしまう原因もありますので、施工業者もしっかりと決めなければいけません。

建築塗装のマツフジではお客様に使う塗料、工事内容などの説明、全てお伝えしたうえでの契約や工事を始めますので、

安心してお任せください(*^^)v

万が一ですが、工事したばっかりなのに不良がみられる場合は、すぐにご対応致します!!

もちろん保証書も発行いたしますのでご安心ください<m(__)m>

御見積りや現場確認は無料でさせて頂きますので遠慮なくご相談下さい!!

お急ぎの方は電話でのご相談をおすすめします。

電話番号 0120-952-208

それでは皆さんのお問い合わせを心よりお待ちしております。

失礼します。